【核シェルター販売店】シェルタープランニングはどんな会社?購入できる核シェルターは?

シェルタープランニングの企業ロゴ画像元:https://www.shelter-plannning.com/

近頃、テレビ等で北朝鮮の核ミサイルを中心に核問題が大きく取り上げられるケースが増えています。特にトランプ政権になってからは、より世界が核の脅威にさらされています。

「もし、我が家に被害が及んだら。」と不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。そこで、あなたの家を核の脅威から守る『核シェルター』とその販売会社であるシェルタープランニングについてご紹介します。シェルターというのは、「避難場所」と考えればイメージを持っていただきやすいかと思います。例えば諸外国から核ミサイルが飛んできた時、これから紹介するシェルタープランニングの核シェルター設備があなたのご自宅に備わっていれば、放射能を浴びることなく身を守ることができるのです。

いつあなたのもとに、被害が及んでしまうかはわかりません。ぜひ、核シェルターについての正しい知識を身につけ、早めの対策をとるように心がけてください。

 

シェルタープランニングの会社概要

核シェルターを販売し50年以上の歴史を築き、最高品質の商品を提供し、業界の最先端を走っているのがシェルタープランニング社です。「核シェルターはご家族への愛と思いやりと資産です。」を合言葉にお客様と向き合い続けてきた企業で、厚い信頼があります。同社は頻繁にメディアにも取り上げられています。著名な番組でいえば、朝日テレビ「羽鳥慎一モーニングショー」、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」などが挙げられ、その他もテレビや雑誌等で数多く紹介されています。HPにも記載されていますので、ぜひご覧になってください。

このように核シェルターという商品自体の認知度が低いために、あまり知られていない企業ですが、業界内では確固たる地位を築いています。核シェルターを購入するなら同社で間違いないといって良いでしょう。

 

シェルタープランニングで販売する核シェルター

身の回りの安全を守るため、大切な人たちを守るために核シェルターは非常に有用です。

しかし核シェルターといえば、「大きい地下室を用意して、大がかりな工事をして、時間も費用ももの凄くかかる。」というイメージをお持ちではないでしょうか。もちろんシェルタープランニングにも、地下室を使う大がかりな核シェルターもあります。しかし莫大なスペースや費用をかけるわけにもいかないというのが正直なところではないでしょうか。

そのような方に向けて、シェルタープランニングでは特殊なろ過機を使用することで、普通の部屋を核シェルターにすることができるプランもあります。その名も「家庭用核シェルター」。実はこちらのほうが地下シェルターより、人気となっています。もちろん効果も絶大です。

放射性物質はもちろん、細菌やウイルス・有害なガスをも排除します。一般的な住宅はもちろん、会議室などにも取り付けが可能です。また工事も1日前後で終了するので、気軽に申し込むことが可能です。

それではここからはシェルタープランニングが販売している商品を紹介していきましょう。

 

「家庭用核シェルター(アメリカ製)」

まずご紹介するのが、アメリカ製の家庭用核シェルター。こちらはシェルタープランニングの最新商品でスペックがとても高く人気商品です。

 

【スペック】

サイズ 幅38×奥行38×高さ86.7センチメートル
対応人数 12-17人
特殊フィルターの除去性能 99.977%
その他 停電時にもカーバッテリーで代用可能。また手動で室内に空気を送り込むことも可能

 

「家庭用核シェルター(レインボー36イスラエル製)」

特殊フィルターの除去性能が99.995%という、高性能のイスラエル製の核シェルターです。

また世界最高水準の除去率(99.995%)を誇ります。設置工事も通常半日で終了するため

取り付けに時間もかかりません。

 

「地下核シェルター」

50年以上業界のトップを走ってきた技術の蓄積が生かされた商品です。もちろん住環境・地形・地質・標高などによって設置する場所の条件によって、設置方法は異なります。

シェルタープランニングのHPに、詳しい図面が記載されていますのでぜひご覧になってください。

 

——

以上がシェルタープランニングが販売している商品です。核の脅威から身を守るために、核シェルターは非常に有効です。中でも家庭用核シェルターは、現在問い合わせが多く寄せられ品薄になっている状態です。もちろん核シェルターだけではなく、非常食や生活用品の備蓄も必要になります。

またシェルターは核の脅威だけではなく、火事や地震等の様々な自然災害に対応できるタイプもあります。詳細を知るためには、シェルタープランニングに問い合わせや資料請求を行うことをお勧めします。大阪府の羽曳野市には、実際に見学することができる施設もあります。大切な方や自分自身の身を守るために、1度ご検討してみてはいかがでしょうか。