Jアラートとは?Jアラートが鳴った際の対応方法とスマホでの設定方法

2007年から運用を開始した【Jアラート】。これは、人工衛星と全国の市区町村の防災無線を利用して、緊急情報を伝えることができる【全国瞬時警報システム】の通称です。有事の際に政府から国民に対して、速やかに情報伝達することを目的としています。Jアラートは気象庁が作成する気象関連情報と、内閣が作成する有事関連情報に大別されます。気象関連としては、地震や津波、火山の噴火などの計14種類の警報や注意報、有事関連としては弾道ミサイル、航空攻撃、ゲリラ、大規模テロの計4種類の情報が対象になっています。

人工衛星から発信された情報は、各自治体の受信機に送信され、同時に防災無線が自動的に起動します。そして、警報音が自動放送される仕組みになっています。市区町村の職員の手を煩わせることなく、迅速に避難を促し、被害の軽減を図るシステムとなっています。

現在、46都道府県332市町村で導入されていますが、普及率は約2割程度に留まっており、現在その普及率が課題です。また、警報が誤発信する事案も多数発生しており、システム面での改善も大きな課題となっています。

 

Jアラートはどんな音?

私たちに危険を知らせてくれるJアラートですが、実際に鳴り響く音には3種類があり、地震の場合と津波の場合、もう一つはミサイルやテロなどの有事の場合の3種類です。これらは、そのとき発生している事態が迅速に判別できるよう、音色が変わるようになっています。より安全にかつ迅速に身を守るためには、このアラートの違いを、私たちも理解しておく必要があるでしょう。

アラート音は、インターネット上で公開されていますので、ぜひ聞いてみてください。

実際に聞いてみていただければ分かるのですが、このJアラート音、実に不気味で不愉快な音となっています。これは人間が本能的に嫌がる音を意図的に作っているようで、あえて不安を煽ることで危機感を持たせることが目的のようです。私たちの安全を守るための配慮ということですね。

 

Jアラートが鳴ったら、どうすればよい?

Jアラートは、私たちの日常生活の中でいつ鳴り響くかわかりません。突然の警報に驚き、慌ててしまうことになるでしょう。しかし、有事の際にこそパニックにならず、落ち着いて情報と状況を把握し、適切な行動をとることが大切です。そのために事前情報を知らせてくれるシステムこそが、Jアラートなのです。具体的にとるべき行動としては

①継続して発信される各市区町村からの指示に従い、避難する。

②テレビ、ラジオ、インターネットなどから情報を収集する。

③ミサイルやテロなどの有事警報の場合は、頑丈な建物や地下への避難が原則。

④窓際は危険なので極力避ける。

という4つのポイントを押さえましょう。多くの情報が発信され、情報が錯綜する可能性も十分ありますが、だからこそ落ち着いて、状況を整理することが非常に重要です。

 

Jアラートの問題点

昨年、北朝鮮がミサイルを発射した際に、北海道上空を通過し太平洋に落下したものの、Jアラートは北海道から長野までの範囲で発信されました。これを受け対象エリアが広すぎるのではないかという意見が続出しました。また、アラートが発信されたのち、いつまで避難行動を続ければいいのか、具体的に分かりづらいという点も、住民や専門家から指摘の指摘を受けました。アラートが鳴ったところで、どうせ大丈夫だろうといった防衛意識の低さも大きな問題です。この辺りの改善は継続して行う必要がある部分になります。

 

Jアラートの設定方法

それでは実際にJアラートのスマートフォンでの設定方法を見ていきましょう。

 

iPhoneでのJアラート設定方法

スマートフォンは、緊急速報エリアメールに対応した端末であればJアラートの受信が可能です。

4G回線に対応した端末であれば、通話中でもデータ通信中でもアラートの受信が可能です。

iPhoneの場合、【設定:⇒通知⇒緊急速報スイッチ】で、受信をする、しないの切り替えが可能です。IOS 6以降であれば、初期設定でONになっていますので、特に設定いじらなければそのまま受信することが可能です。また圏外のときには受信することができません。

 

SIMフリースマートフォンでのJアラート設定方法

SIMフリーモデルやMVNOのSIMのスマートフォンを利用している場合、各契約会社によって受信に差があります。確実に受信できるか不安な場合は、Yahoo!防災速報などの別のアプリを利用することで、アプリを経由して確実にJアラートを受信できるようになります。

 

Jアラートまとめ

昨今の世界情勢や異常気象により、たくさんの人命が失われています。Jアラートは身の安全を保障してくれるものでは、決してありません。そのため、Jアラートに対して批判的な声も多く上がっていることは事実です。しかし、私たち国民の安全を確保するため、確実に重要な指標になるシステムであるものです。まだ改善の余地は多くあり、不安要素は多く残っていますが、今後の安全対策には、私たち国民が本気で考え、意見していく姿勢が重要なのではないでしょうか。