原子爆弾(核爆弾)と原子力発電の違いは?原発の危険性に迫る

昨今、私たちがよく耳にする言葉となった【原子力】。

非常に大きなエネルギーを産み出し、私たちの生活を豊かにしてくれる反面、

そのエネルギーの強大さ故に、大きな危険を孕む存在です。

東日本大震災での原発事故を皮切りに、その危険性については大きな物議をかもしています。

また、北朝鮮の核爆弾問題についても度々話題になりますよね。

原発や核爆弾の問題は、もう決して他人事ではないのです。

身近に潜む大きな脅威に立ち向かうため、まずは知識を身に付ける必要があるのです。

 

原子爆弾と核爆弾とは?

ウランやプルトニウムといった元素が、核反応するときに発する膨大なエネルギーを利用した爆弾のことを「核爆弾」と呼び、原子爆弾は、核爆弾の一部です。重水素などの核融合を利用した水素爆弾(水爆)も核爆弾と呼ばれます。

この原子爆弾、いわゆる「原爆」と呼ばれるものですが、第二次世界大戦時、先進各国においてこの原子爆弾の開発が進められました。もちろん日本国内でも原子爆弾の研究が進められていました。そして、世界中で唯一、日本だけが原子爆弾(核爆弾)の被曝国となりました。広島と長崎は原子爆弾(原爆)の被害に遭い、70年以上の時が経った今なお、その被害に苦しんでいる方がいるのです。原爆被曝者の数は、広島14万人、長崎7万人以上にも上り、人的被害の他にも、投下地点周囲2km以上の地点でも被害に遭っており、その凄惨さを物語っています。核爆弾の脅威は、爆風、熱線、放射能の3点があげられますが、例え爆風と熱線を防いだとしても、その後放射能によって体が汚染され、健康被害を受けることになります。核爆弾の脅威を防ぐ有効な手段としては、核シェルターがあげられます。

 

核シェルターについて

北朝鮮が日本に向けてミサイル発射したというニュースを耳にしたことがあると思いますが、実際に本土が攻撃されたことは、今のところありません。しかし確実に日本は標的にされており、且ついつでも攻撃を受ける危険性があるのです。そして北朝鮮は未だ核開発を続けており、兵器として核爆弾を保有している国でもあるのです。戦争はもう昔の出来事ではありません。今また、惨劇が繰り返されようとしているのです。

この状況をいち早く察知した世界の富裕層の方々は、すでに自衛の手段として核シェルターの準備を始めています。自分の身は自分で守る手段として、核シェルターの備えは非常に重要となります。

核シェルターと一口に言っても、映画で見るような大がかりなものから、家庭用の小型なものまで、実は設置場所に合わせて多種多様に存在しています。日本の一般家庭ではあまり馴染みがなく、その普及率はわずか0.02%という現状です。唯一の被曝国であるのにもかかわらず、この低い普及率はイコール防衛意識の低さであり、非常に懸念されています。

世界で最も普及率の高いスイスでは、新築時に核シェルターの設置が義務付けられており、その普及率は、なんと100%となっています。

核シェルターは大きく2種類あり、地下型と個室型となります。地下型は、まさに映画などで見るイメージそのままで、地中深くに作ったコンクリート製の壁で覆った頑丈な部屋のことです。これは、一般家庭用から数千人規模のものまで、大小様々となります。基本的には核爆弾の直撃にも耐える、耐爆・耐火性能と耐放射能性を備えています。

個室型は安価で簡易的な核シェルターで、リビングや寝室を放射能汚染から防いでくれるものとなります。こちらは、核爆弾の直撃は想定していないので、耐爆・耐火性能はありませんが、一般家庭では十分な性能といえます。

こうした核シェルターを日本で入手する場合、専門の業者に依頼することになります。地下型のシェルターは約300万円から、個室型の核シェルターは180万円から設置可能です。

核シェルターは核爆弾に対してだけでなく、有事の際にも対応できるものであることから

身の安全を守るという観点で、核シェルターの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

原子力発電とは?

原子力は兵器としての利用だけでなく、そのエネルギーは発電にも用いられます。原子力発電(原発)は、核反応の際に発する熱を利用して高圧の水蒸気を発生させ、その水蒸気の力でタービンを回し発電するというシステムです。原子力発電は当初、火力発電のように環境汚染することのないクリーンな発電システムとして注目を集めました。

原子力発電と原子爆弾との大きな違いは、核反応を自在にコントロールできるか否かという点にあります。

原発の危険性について

原子力発電はウランやプルトニウムといった放射能物質を排出するため、これらの危険性については、度々議論の的となる部分です。

チェルノブイリや東日本大震災の福島第一原発事故を考えれば、そのリスクについては一目瞭然であり、いくら安全対策を施したところで、必ずリスクは潜んでいるのです。

「原子炉」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?核反応を自在にコントロールするために必要な装置のことですが、福島第一原発での事故の際は、この原子炉も含め、爆発によって建屋が吹き飛びました。つまり、大量の放射能が拡散される非常事態が発生したのです。

 

原発のこれから

原子力発電は、地球環境に影響を与える汚染物質を排出しないことや、少量の燃料から大きなエネルギーが確保できることなどから、非常に優れたシステムであることは間違いなく、

しかしその大きな危険性から、最優先に求められることは、その安全性です。

日本には、火力、水力、風力といった他の発電システムも十分に備わっています。

原子力発電のリスクをとる必要が本当にあるのか、我々国民が真剣に考え、声をあげる必要があるのかもしれません。